経営コンサルティング

HOMEBSトップ>経営計画策定・推進管理支援

経営計画策定・推進管理支援

経営計画策定・推進管理支援コンサルティング

ビジョン・戦略を示して組織を動かす

今、確実に成長している会社、高収益を上げている会社は、ここが違います。企業成長・高収益体質・組織力強化を強力にサポート

 

「今後の成長戦略を示し、何にどう取り組めばよいかを明らかにしたい」「経営ビジョンを明確にし若手社員にとって夢の持てる会社にしたい」「目標に向けて挑戦する活力ある組織をつくりたい」・・・

 

メリット・効果

【戦略ビジョンが明確になる】

会社の進むべき進路、経営戦略を明らかにします。

【戦略実現の具体策が打てる】

経営戦略を実現するための組織や行動計画を立案します。

【業績向上の具体策が打てる】

売上、利益目標や財務体質改善を実施する施策を明らかにします。

【目標達成の意識と行動がレベルアップする】

実行のチェック&コントロールを継続して行い、経営計画の実現へ繋げていきます。

【経営幹部のリーダーシップが高まる】

計画を推進するプロセスを通じて、経営幹部の能力向上が飛躍的に高まります。

 

3大特長

【戦略目標重視】

高収益体質に向けて、根本的な企業の戦略課題を解決することにより業績の向上に繋がっていきます。

【行動計画(実行)重視】

幹部管理者を巻き込んで、緻密な行動プランを作っていきます。目標・計画は実行することが前提となります。

【推進管理(チェック)重視】

経営計画を成果に結びつけるには推進管理が最も重要です。チェックを繰り返しながら更なるレベルアップを図ります。

 

 

BSCバランス・スコアカード経営計画策定プログラム

経営環境の激しい変化の中で企業が勝ち残るためには、変化に対応する経営戦略を明らかにし、その戦略を果敢に実行していく強固な企業体質を創ることです。そのためには、自社の外部環境・内部環境を正しく捉えた的確なビジョンと戦略を打ち出すとともに、経営陣、幹部管理者を中心に全社員が経営戦略を共通認識する必要があります。その有効な経営管理ツールがバランス・スコアカードを活用したBSC経営計画です。

 

BSC経営計画策定プログラムの期待効果
  • 自社が存続し発展していくための、目指すべきビジョン・戦略が明確になる。
  • 自社の今後を展望し、いかなる戦略体系を組み立てるか。BSCの4つの視点に立った経営目標が体系的に明らかになる。
  • とかく曖昧であった戦略目標(定性目標)が業績評価指標として定量化され、分かりやすい目標指標として社員の共通認識が図られる。
  • 経営目標を実現するための、各部門の課題・実行計画が明らかになり、各々の役割が明確化される。

地図 地図