経営コンサルティング

HOMEBSトップ>仕入・購買部門強化支援

仕入・購買部門強化支援

仕入・購買力強化支援コンサルティング

多くの企業のトップマネジメントには、仕入・購買部門に対して、何らかのフラストレーションがあるように思えます。

 

なぜ、モノが「入らない?」「安くならない?」

注文書を出せば、「モノ」は入ってくるものという、買う立場の強者の論理に囚われていませんか?

「モノ」が納期通り入らないとか、数量が欲しいだけ手に入らない、価格が下がらない等の事態に遭遇したとき、「購買は何をやっているのだ!?」と思いますか?

 

これを解決する為の第一歩は、

バイヤー自身が、強者の論理から抜け出さねばなりません。

強者の論理での交渉には限界があることを認めることです。

 

なぜ、取引先が固定化してしまっている?

仕入・購買部門は取引先と癒着しているのか?

その解決方法は、

「公平・公正・透明」な取引の実現を果たす必要があります。

すなわち、仕入・購買部門の意思決定に対して、説明責任が果たされねばなりません。

 

なぜ、新しい仕事のやり方にチャレンジしない?=保守的であることへのフラストレーション

新規取引先の導入を嫌ったり、

取引先の集約に二の足を踏んだり、

電子調達の導入を躊躇したり・・・

 

一般に保守的で、現状を打破しよう、チャレンジしようという姿勢に欠ける印象はあります。

トップマネジメントから言われてから動くのではなく、世の中の動きを敏感に感じ取り、

 

自発的・自律的・挑戦的な対応をする必要があります。

 

仕入・購買コンサルティング

開発購買を導入すると「購買力」が強化できる

劇的なコストダウンをもたらす「開発購買」をどのように導入するか、具体的手順と内容を支援します。

 

購入手法の改善を支援します

購買手法の改善、電子調達導入、設備購買の折衝優先権契約方法によるコストダウン、在庫削減等支援します。


地図 地図