コラム

現場からの最新情報直送便

“シニアの専門スキル”と“企業の人材ニーズ”をつなぐ 17/04/20

年金の支給開始年齢引き上げや様々な社会変動の影響により、退職後も長く働きたいという強い意欲をもつミドル・シニア層が増える中、多くの社員を抱える大企業ではそれを受け止める体制が整備されていないのが現状です。

一方、中堅・中小企業では、新規事業の開拓や販路拡大、若手育成などに対応できる熟練技術者や管理職経験者などのプロフェッショナル人材の確保が経営課題となっています。

共栄経営センターでは、「高度な専門性と豊富な経験をお持ちのプロフェッショナル人材」と「様々な経営課題を抱える中堅・中小企業」のマッチングも行っております。

大企業などビジネスの第一線でスキルを磨いてきた「高度な専門性」と「豊富な経験」を持つミドル・シニア層の活用は、経営課題の解決に向けての有効な策となります。現場に精通し、現場で働く覚悟があり、自主的・自律的に機動力を発揮して業務を遂行する、まさに即戦力と言えます。

※例えば、次のような高度な専門性を持つ人材が登録しています。

・ITインフラ構築のプロジェクトマネージャー人材

・海外特定地域のスペシャリスト人材

・経営企画・IPO経験をもつ役員クラス人材

・法務・人事・経理等の管理系のプロフェッショナル人材

・製造工程の設計・管理スーパーバイザー人材  など

お問い合わせはこちらから お問い合わせフォーム